アニメーション制作

動画制作会社の作る動画の種類として、最後に紹介するのはアニメーション制作についてです。アニメーション制作の大きな特徴となるのは、実物が存在しないものであるということです。実写作品と違い、動かす物自体から制作を行わなければなりません。昨今ではパソコンを使ったアニメーション制作が一般的になっていますが、それでも実写動画に比べると時間に対するコストが高めになるのがアニメーション制作の特徴の一つです。

昔はCGといえば高額な技術であるという認識がありましたが、昨今では3DCG技術をうまく取り入れることがコストカットのポイントとなっています。3DCGの場合、モデルを作成してしまえばその後動かす事ができるようになるため、一つ一つ絵を描かなければならない数が少なくなり、人員が抑えられるためです。

しかし、CGを使う場合であっても、その制作ができる技術を持っている人員が必要となります。その点では、独特の技術を持っていることが要求されることになるのが、アニメーション制作の現場ということになるでしょう。アニメーションが取り入れられた広告動画やストーリー動画なども多く存在しているため、それらと複合的に使用される場合も少なくありません。

ストーリー動画制作

動画制作会社の制作する動画として、次に紹介するのはストーリー動画についてです。ドラマのような作品の制作を行う業務となります。この場合重要になるのは、動画の主題となるものが何であるのかを十分理解することとなるでしょう。例えば原作がある作品を動画化するという場合、その原作のどこの部分にフォーカスをして動画を作るのかによって出来栄えが大きく変わることになります。テーマ性を重視するのか、あるいはエンターテイメント性を重視するのか、ストーリー動画として目指す方向性について理解して取り組む必要があるためです。

そのため、ストーリー動画を制作する仕事の場合重要になるのは、全体の構成力です。広告動画に比べて長時間の動画になる場合が多いため、全体を通して見た時に統一感があり、何を伝えたいのかが分かる動画を作る事ができなければなりません。

脚本の制作などについても動画制作会社で行うのか、あるいはそれらについてはクライアントが用意し、動画の部分の制作だけを請け負うのかによって動画制作会社がやる仕事の範囲は変わることになります。カメラアングルなどが重要になる分野であるため、そういった技術についても十分な理解がなければなりません。

広告動画制作

動画制作会社の行っている仕事として、最初に紹介するのは広告動画制作についてです。広告動画制作業務は、クライアントとなる企業から発注を受け、そのクライアントの求めるサービスや会社自体の紹介をする動画を制作する業務となります。

広告動画制作業務において非常に重要なポイントとなるのは、まずは「広告効果」です。つまり、その動画を見ることによって、見た人に対してそのサービスや商品、あるいは会社自体について知ってもらうことができる動画でなければなりません。面白い動画であっても、何を表現したい動画なのか分からなければ意味がないものになってしまうためです。
次に重要なのは、「拡散性」です。その動画を見た人が、また別の人に紹介してくれるような動画であることが、特にインターネット上で使用される広告動画においては重要になります。昨今ではSNSを使用することによって簡単に情報の共有が行えるようになっているため、より多くの人に拡散したいと思ってもらえるような動画を作る必要があります。

こういった特徴から、広告動画の制作は単純に動画制作に長けているだけでは十分ではありません。マーケティングについて理解し、それに適したものを制作できる能力が必要です。

動画制作会社の仕事

映像というのは、19世紀になって発明された画期的な存在です。今や私達は当然のように映像を記録することができるようになっていますが、それ以前は映像を記録するということはできませんでした。また、当時の映像技術はあくまでも動画だけを残すことができるもので、音も合わせて記録することまではできていませんでした。昨今ではこれらの技術が進歩し、素人でも機材さえあれば簡単に動画の制作ができるようになっています。

そういった時代の中で、動画制作を専門にしている会社というのも少なからず存在しています。それでは、実際のところ動画制作会社というのはどのような仕事をしているのでしょうか。動画制作会社の目的となるのはまさに動画の制作ですが、どのような動画を制作しているのかによってやるべきことに違いが生じることになります。

動画制作会社によって、得意としている動画の分野には違いがあります。例えばドラマ的なものを作ることを得意としている動画制作会社もあれば、アニメーションの制作を得意としている会社もあります。昨今であれば3DCGなどの技術に長けているような動画制作会社もあり、会社ごとに大きく違った特色を持っているのが現状です。

それでは、実際に動画制作会社によって行われている業務の内容がどのようなものであるのかについて、この先のページで紹介します。「広告動画制作」「ストーリー動画制作」「アニメーション制作」の3つについてです。