アニメーション制作

動画制作会社の作る動画の種類として、最後に紹介するのはアニメーション制作についてです。アニメーション制作の大きな特徴となるのは、実物が存在しないものであるということです。実写作品と違い、動かす物自体から制作を行わなければなりません。昨今ではパソコンを使ったアニメーション制作が一般的になっていますが、それでも実写動画に比べると時間に対するコストが高めになるのがアニメーション制作の特徴の一つです。

昔はCGといえば高額な技術であるという認識がありましたが、昨今では3DCG技術をうまく取り入れることがコストカットのポイントとなっています。3DCGの場合、モデルを作成してしまえばその後動かす事ができるようになるため、一つ一つ絵を描かなければならない数が少なくなり、人員が抑えられるためです。

しかし、CGを使う場合であっても、その制作ができる技術を持っている人員が必要となります。その点では、独特の技術を持っていることが要求されることになるのが、アニメーション制作の現場ということになるでしょう。アニメーションが取り入れられた広告動画やストーリー動画なども多く存在しているため、それらと複合的に使用される場合も少なくありません。