動画制作会社の仕事

映像というのは、19世紀になって発明された画期的な存在です。今や私達は当然のように映像を記録することができるようになっていますが、それ以前は映像を記録するということはできませんでした。また、当時の映像技術はあくまでも動画だけを残すことができるもので、音も合わせて記録することまではできていませんでした。昨今ではこれらの技術が進歩し、素人でも機材さえあれば簡単に動画の制作ができるようになっています。

そういった時代の中で、動画制作を専門にしている会社というのも少なからず存在しています。それでは、実際のところ動画制作会社というのはどのような仕事をしているのでしょうか。動画制作会社の目的となるのはまさに動画の制作ですが、どのような動画を制作しているのかによってやるべきことに違いが生じることになります。

動画制作会社によって、得意としている動画の分野には違いがあります。例えばドラマ的なものを作ることを得意としている動画制作会社もあれば、アニメーションの制作を得意としている会社もあります。昨今であれば3DCGなどの技術に長けているような動画制作会社もあり、会社ごとに大きく違った特色を持っているのが現状です。

それでは、実際に動画制作会社によって行われている業務の内容がどのようなものであるのかについて、この先のページで紹介します。「広告動画制作」「ストーリー動画制作」「アニメーション制作」の3つについてです。